3月のオープンキャンパス風景

本日3月27日(月)は、湘南工科大学のオープンキャンパスでした。
小雨が降る中、お越しいただいた皆さま、ありがとうございました。


湘南工科大学は、東海道本線「辻堂」駅からバスで10分程度の場所にあります。
大学に入ると構内にはにヨットがあり、さすが湘南という印象です(なんと海岸まで800m!)。


私たち「総合デザイン学科」は4号館をメインに使用していますので、実際の教室で展示と説明を行いました。


「総合デザイン」といっても何をするの?というところを、中尾先生(左)と高野先生(右)が皆さんに解説しているところです。


昨年の大学1〜2年生の課題を並べて、より詳しく解説しています。


中尾先生の、辻堂海岸を舞台にした「風を見る」というランドスケープの課題に、学生が出したアイデアです。実際に旗を100本も立てて、本来は見えない「風」を見えるように工夫しています。


他にも3Dのソフトや3Dプリンタのデモもありました。


3Dプリンタの中でもこちらは「光による造形」の機器です。一般的な3Dプリンタは、樹脂をニュルニュルと積層するタイプが多いのですが、こちらは液体の樹脂に光を当てて固めるタイプです。よりなめらかな表現が可能なものです。


こちらはレーザーカッターのデモです。アクリル板や、コルク、薄い木材をカットできます。トナカイやビスケットなどの素材は、MDFという材料で、オガクズを板状に固めてあり反りが少なく加工しやすいのが特徴です。MDFはホームセンターにも売っている素材なので機会があれば見てみてください。


ロボットの展示もありました。


こちらがそのロボット。尾崎先生の研究です。


なんとジェスチャーで、このロボットを動かすことができます。緑色の目が愛着がわきます。


なかなか戸惑いつつも、なんとかロボットを操っているところです(操られているかもしれません…)。

また6月にオープンキャンパスを予定しています。
高校生たちも興味をもつ時期だそうで、さらに賑やかになりそうです。4月からは新任の先生も加わり、内容もまた新たな要素を取り入れ変化して行きます。
本日はどうもありがとうございました。
どうぞまたお越しください!

学生スタッフの皆さんもお疲れさまでした。

© 2017 湘南工科大学 総合デザイン学科 | SIT Multidisciplinary Design Science. All Rights Reserved.