尾﨑研究室:人間型コミュニケーションロボットの研究

人間型コミュニケーションロボットの研究

(株)東芝との共同研究で手話動作が出来る人間型コミュニケーションロボットを研究しています。

このア ンドロイドのような超多関節(片腕で9自由度,両腕で18自由度,腰など上半身3自由度+顔・手指の自由度で総計43自由度)のロボットの動作を作るのは かなり大変な作業になりますが,湘南工科大学では研究としてKinect(3次元距離センサ,人物の骨格認識機能を持つ)を使って人間が実際に手話動作を し,その動作データ(今回は両腕と上半身)のデータを取り込み,データを元にアンドロイドの関節角動作データに変換するソフト開発を行いました。また人間 の動作でリアルタイムにロボットを動かすことも出来ます。

この研究は高齢者支援ロボットを研究する上で必須の,人の動きを認識するための基礎技術として行ったものです。
aiko1
aiko2長女,地平アイこさん

妹,地平ジュンこさん お台場に登場

発表論文など

  1. 東芝プレスリリース

 

リンク