OzLab:反転授業の資料の作り方

●2020/4/8更新 コロナ対策Web授業のため

●Powerpoint

・PCにマイクを接続しておく。

・PowerPoint(Office365近々Microsoft365)で反転学習に使うPPTを開く。

・スライドショー→スライドショーの記録→先頭から録音を開始 でスタート(スライドショーモードになる)

・PPTを使って、声で説明してスライドを進める。(現在のPPTバージョンではスライドごとに音声が記録されるようになっている。そのためあるスライドのみ音声を取りなおしたりできるようになった。便利!。音声のある部分にはページ右下に

    

のようなマークが入っている。)

・レーザポインタを表示するにはCtrlキーを押しながらマウスを動かす。マウスポインタの代わりにレーザポインタのような絵が表示される。

・最後まで行けばおしまい。

・(通常のメニューのファイルから)名前をつけて保存で、PowerPointスライドショー(*.ppsx)形式で保存し、そのファイルを配信する。

 

●Windows10 ScreenCast(複数のアプリにまたがった録画は出来ないようだ。)

・スクリーンキャストするアプリを開く

・音声をマイク録音するときには設定画面の音声タブのところで、ゲームクリップ録画時にマイク録音する をチェックする。

・Win+G

http://getnews.jp/archives/1087423

・赤の四角いボタンを押す。(録画開始)

・Win+Gで再度バーを表示させ,四角いボタンを押して停止。

・ビデオ フォルダに入っている。